お金にだらしなく我がままでは結婚が遠のきます

私の結婚できなかった二つの理由
20代初めから数年間、お付き合いしている彼がいました。
彼とはよく結婚の話しをしていましたが、結局出来ないままフラれてしまいました。
今になって思い返すと、彼がフるのも当然だと感じます。

 

当時は我がままでお金にだらしなく、無駄遣いばかりしていました。
男性は女性におごるのが当然、女性はデートのお金も一切払わなくてもいいだろうと考えていました。
自分のお金は自分のものなのでどういう風に使おうか勝手と、無駄な事ばかりに使っていました。
男性には優しさ、エスコート、会話や服装のセンス、経済力等と完璧さばかりを求めていたのです。
しかし自分には甘く、料理も結婚してから覚えればいい、掃除はしたくないから結婚相手にさせればいいと考えていました。

 

しかしそれでは駄目だったのです。
交際相手としては「世話のかかる女性」かもしれませんが、結婚相手となると「世話のかかる妻」ではいけません。
結婚とは両者共に協力して歩むものなので、負担となってはいけないのです。
お金にだらしない、料理しない、我がままな妻なんて信用できません。
プロポーズ5
その事に気づいてから料理を覚えだらしのない性格を矯正し、お金も無駄遣いする事なく節約・貯蓄を始めました。
すると良い相手と巡り合え、今度こそ結婚出来たのです。
一度自分の性格や生活を見直すのは、結婚する上でとても重要です。